なぜ、多くの太陽電池メーカーが人工太陽照明灯を採用しているのか?

 

地球温暖化対策の切り札的存在となって久しい太陽光発電。太陽電池メーカーでは研究開発用、製造ラインでの出荷検査用としてソーラシミュレータが多く使われています。しかしこのソーラシミュレータ、高額でランニングコストが高いのが難点です。太陽電池評価用ソーラシミュレータは非常に厳しい規格があり、これを満足させるために電気的・光学的設計及び部品には高い精度が要求されます。これが、ソーラシミュレータが高額な要因です。
 

人工太陽照明灯SOLAXが太陽電池の簡易評価に採用される理由

 

しかし太陽電池が組み込まれた小型機器の太陽電池評価では、それほど高い精度のソーラシミュレータは必要ない場合が多いです。最近では腕時計やモバイル充電器、街路灯など様々な機器に太陽電池が組み込まれ、バッテリー交換の必要のない機器として販売されています。身近なところでは卓上電子計算機(電卓)などはかなり前から太陽電池が組み込まれています。子供向け電子工作キットの出荷検査用などでも、これらのメーカーは自社で太陽電池を製造するのではなく仕入れて製品に仕上げるため、さほど高い精度の光源で試験する必要はありません。また学生さんの実験用でも、大きな予算がつかないことが多く、廉価な光源が使われています。
 
 

人工太陽照明灯なら、高額なソーラシミュレータを導入しなくても、太陽電池の基礎実験や簡易試験が可能です

 

人工太陽照明灯SOLAXが太陽電池の簡易評価に採用される理由

 

人工太陽照明灯500Wシリーズの中で、スーパースポット型XC-500EFSSというタイプがあります。これは350-1100nmの範囲がIEC60904-9で規定された疑似太陽光源と比較してB~C級の特性を持っています。

高精度で正確な発電効率を調べるときには高精度のソーラシミュレータが必要ですが、基礎実験や簡易試験であれば高精度のソーラシミュレータは求められません。もっと安価でやや精度の劣る光源でも構わないということになります。

そんな用途にはXC-500EFSSは最適です。

 

人工太陽照明灯なら、□70㎜で場所ムラ±5%以内、□100㎜で場所ムラ±10%以内で、直射太陽光と同等の1kW/㎡(1Sun)で照射できます。 

 

有効照射エリアが□50mmなら高精度の安価なソーラシミュレータが他社製でありますが、それより大きい面積では安価なソーラシミュレータはありません。XC-500EFSSなら、□70㎜で場所ムラ±5%以内、□100㎜で場所ムラ±10%以内で、直射太陽光と同等の1kW/㎡(1Sun)で照射することが出来ます。
 

太陽電池の簡易評価に使われる人工太陽照明灯

 

小型太陽電池セルの簡易評価や耐久試験なら、更に安価な人工太陽照明灯100Wがお薦めです

 

もっと照射面が小さくていい場合は、スーパースポット型100WシリーズXC-100EFSSでも十分です。試作や実験で制作した新型の小型太陽電池セルの耐久試験などは、より安価な100Wシリーズがお勧めです

 
太陽電池の簡易評価をしたい、太陽電池セルを仕入れて自社製品に組み込んで評価試験したい、高額な設備は導入できないので安価なものを探している、などお考えでしたら、経験豊富なセリックへぜひご相談ください。


製品ページはこちらから
1sun(1000W/m2)や100000Lxを照射できる人工太陽照明灯集光タイプ(スーパースポット形)

 
 
セリックへお気軽にお問合せ下さい