太陽先生の豆知識「動いていないエスカレータでつまずく理由」

 

皆さんは、動いていないエスカレータを昇り降りしたことはありますか?

 

trivia8-1

 

私は何度もありますが、毎回必ずつまずいてしまいます(苦笑)
普通に階段を昇り降りする時はつまずかないのに、止まっているエスカレータの昇り降りの時は何故つまずくのでしょうか。

 
実は、人は目から得た情報を脳で処理するまでに、約0.1~0.15秒かかると言われています(実際の処理時間は正確には分かっていません)。

 
つまり私たちが目にする世界は、実際の0.1~0.15秒前の世界なんです。
 

エスカレータに足を踏み入れる際、人は約0.1秒後の現象を想定し、エスカレータが上下に進んでもつまずかないよう重心を調整しているんですね。

止まっているエスカレータを昇り降りする際も、0.1秒後を予測して条件反射的に重心を前にずらす、しかしエスカレータは動いていない、だから前につまずいてしまう、というのがメカニズムです。
 

視覚と認知のメカニズムは、調べれば調べるほど面白いです。
スポーツや交通安全など応用範囲が広いので、機会があれば触れてみることをお勧めします。

 

<参考文献>
日本テレビ「世界一受けたい授業」番組ホームページ