なぜ多くの化粧品メーカーが化粧品開発時の色評価に人工太陽照明灯を使うのか?

 

女性がほぼ毎日使う化粧品。いろいろなメーカーから様々な種類の化粧品が販売されています。最近は男性用化粧品の販売も増加しているようで、人間の美への追及は果てしないです。

化粧品と一言で言っても、スキンケア商品(基礎化粧品)、メディカルコスメ(シワ、シミ対策、たるみ対策化粧品)、ヘアケア&スカルプケア商品など、とっても種類が多いです。ここではメイクアップ商品(ファンデーション、リップ、チーク、マスカラなど)にフォーカスを当てて話を進めてまいります。

 

人工太陽照明灯SOLAXが化粧品の色評価に採用される理由

化粧品メーカーは新作を開発・発売する際、微妙に色が違う何種類ものラインナップを用意します。数年前からの世相や競合他社の動向を反映させ、“流行りのメイク”を仕掛けます。ここで面白いのは、売りたい流行りメイクの色を際立たせるためにあえて“捨て色”を作る、ということです。捨て色を作ることにより、色の種類がさらに多くなり、細かく色の違うたくさんの商品をリリースすることになります。

 
 

化粧品本来の色検査や、肌に塗った時の色検査・評価など、さまざまな場面で人工太陽照明灯は活躍しています

 

色の品質管理には当然計測器も使用されますが、商品として販売される形態と、人の肌に塗った後の色は印象が違うので、人による官能検査(※1)も行われます。つまり捨て色と流行らせたい色は明確な違いが無ければならず、「流行らせたい色が捨て色に近い」「流行らせたい色と捨て色がお客様に混同されてしまう」ということは絶対にあってはならないそうです。
(※1)人間の感覚(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚など)を用いて製品の品質を判定する検査

流行を先取りするための色戦略に基づいて商品開発をするにあたり、安全性の観点から膨大なバックデータに基づく様々な材料の合成で商品が完成します。開発スタートからこの時点まで、非常長い時間と労力をかけます。そのため、この段階で“色が当初計画していた色と違う”という訳にはいきません。だから開発の早い段階で色の検査は行われるのです。

 
 

商品パッケージを印刷する印刷メーカーとの色合わせ時にも人工太陽照明灯が使われています

 

また、商品開発の後期において、パッケージの色と化粧品の色を一致させることも重要なポイントです。店頭販売の化粧品はお客様に直接化粧品の色を見て頂けますが、そうでない化粧品も多く、お客様はパッケージの色を化粧品の色として購入します。

購入した後に、“想像していた化粧品の色と違う”ということになると、次の商品販売に影響が出ます。そうならないよう、化粧品メーカーと印刷メーカーは協力してパッケージの色づくりをします。この時も計測器による管理だけでなく目視による官能評価も行われます。

 
 

人工太陽照明灯は色を正確に再現するので、化粧品開発時の色評価に最適です

 

化粧品の販売を左右するファクターは色だけでなく様々ありますが、色はその重要な要素の一つと言えます。

化粧品開発製造における色彩管理は、
①開発段階においては、化粧品そのものの色、肌に塗った時の色の検査
②商品化および生産の段階においては、パッケージの色の検査
がそれぞれ必要で、それぞれの段階で計測器による数値化と目視による官能検査が行われます。

官能検査において照明は極めて重要で、人工太陽照明灯が多くの化粧品メーカーで採用されています。

 

化粧品の色評価に使われる人工太陽照明灯

化粧品メーカー様にはSOLAX 100Wシリーズが多く使用されていますが、近年は後にリリースされた色彩評価用LED人工太陽照明灯 SOLAX-iOも多く使われています。

仕様・性能については下記ページをご覧ください。
 

人工太陽照明灯デモ機も用意しております。実際の製品に当てて、微妙な色の違いなどを見ることもできます。化粧品の色評価などをお考えの方は、ぜひ、経験豊富な弊社へお気軽にお問合せ下さい。


製品ページはこちらから
人工太陽照明灯SOLAX-100Wシリーズ
LED人工太陽照明灯SOLAX-iO

 
 
セリックへお気軽にお問合せ下さい