用途別採用実績

人工太陽照明灯SOLAXが建築資材の色評価に採用される理由

多くの住宅メーカーが人工太陽照明灯を使う理由とは?

住宅メーカーが販売する建売住居は、基本パーツを工場で作り現場で組み立てます。日本は土地が狭いため、分譲する宅地の形や大きさが違う場合が多いですが、中国では同じ区画、大きさ、間取りの住宅が並んでいるように思います。工場で作られたパーツ(壁や屋根、ドア、窓など)は全て工場で生産されますから、現場で組み立てるだけなので短い期間で完成できます。

工場で生産される建材は、骨組みや土台など外から見えない材料だけでなく、屋根や外壁、雨樋などの外装材、床材、ドア、窓および窓枠、天井や内壁用の壁紙などの内装材、ちょっと考えるだけでたくさんあります。

 これらたくさんの建材は、前述のとおり現場に運ばれ現場で組み立てられます。その時、例えば隣り合う外壁が同じロットで生産されていない可能性があります。色の品質が悪いと、同じ色で生産されたはずの外壁が違う色で作られてしまうことがあるのです。これは塗料のロットの違いや酸化による色の変化が主な要因です。色が違えば現場で同じ色の外壁をそろえる必要があるし、組み立てた後であればクレームや引き渡し検査時の作り直しのリスクが生まれてしまいます。

その理由は、建材の色の違いを防ぐことがコスト削減や品質向上に繋がるからです。 

 色の間違いは修正のために余計なコストがかかるだけでなく、建築・住宅メーカーの評判を落とすことにもつながります。顧客から品質に疑問を持たれてしまうと、そのメーカーが建てた建物はすぐに傷んでしまうのではないか、他にも見えない瑕疵が潜んでいるのではないか、と疑われてしまい、メーカーのブランド価値を低下させてしまう恐れがあります。

 このような理由で建材の色の検査は大変重要なのです。検査の仕方は様々で、測定器を使って数値管理する方法もありますが、コーティングされていて艶があったり、布のような表面状態だったりするばあいは計測器では正確に測定できない場合があります。従って計測器による数値管理と目視検査の両方をする必要があります。

人工太陽照明灯なら、高演色性蛍光灯や高演色性LEDでは難しい微妙な色の違いまでは識別することができます 

しかしここで問題なのが目視検査の環境。光環境が悪いため正確な目視検査ができないケースが多いです。高演色性蛍光灯や高演色性LEDでは微妙な色の違いまでは識別することは難しいため、より自然太陽光に近いスペクトルを持った光源で検査する必要があります。
 このような検査で人工太陽照明灯は最適です!

 小さな建材や大きくても部分的な検査で済むのであれば100Wシリーズを、大きな建材全体を検査する場合、色だけでなく傷などの検査も併せて行う場合は500Wシリーズがお勧めです。

人工太陽照明灯SOLAX 500Wシリーズ
人工太陽照明灯SOLAX 100Wシリーズ

 建材の色の品質向上に興味をお持ちの方、是非上記URLを覗いてみてください。御社の品質向上に役立つ情報がありますよ!

自然太陽光に近いスペクトルを持った光源での評価をしたいとお考えでしたら、お気軽にお問合せ下さい。