用途別採用実績

【ミズノ様使用事例】野球用スパイクシューズの温度上昇試験

スパイクシューズに太陽光が当たった時の表面温度を測る温度上昇再現実験に人工太陽照明灯XC-500EFSSをお使い頂きました。

スポーツ用品メーカー大手のミズノ株式会社様(大阪市)より発売された野球スパイクシューズ「WAVE LIGHTREVO(ウェーブライトレボ)」で、太陽光がスパイクシューズに当たった状態を室内で再現しスパイクシューズの表面温度を測る「シューズ表面温度視覚化実験」に、弊社の人工太陽照明灯XC-500EFSSをお使い頂きました。

また、その時の実験結果をミズノ様WEBサイトに掲載頂きました。

・野球スパイクシューズ「WAVE LIGHTREVO」WEBサイトはこちら⇒
https://jpn.mizuno.com/baseball/products/wave-lightrevo

【ミズノ様使用事例】野球用スパイクシューズの温度上昇試験

<試験方法>
パットに土を敷き詰め、シューズを設置。シューズに対し真上方向から人工太陽灯を照射した際のシューズ表面温度をサーモグラフィを用いて継時的に計測。
・測定環境: 30℃×50%RH
・使用機種: セリック(株)社製人工太陽照明灯XC-500EFSS (900W/㎡)
・試験結果: 黒×黒のスパイクと白×シルバーのスパイクに対し、真上方向から人工太陽灯を30分照射した際のシューズ表面温度の差異20.7℃
※ミズノ様調べ。人工太陽を30分照射した後のシューズの表面温度を示しています。
※着用時の効果や感じ方には個人差があります。
※着用環境や靴の状態などの条件により効果は異なります。
※ミズノ様WEBサイトより抜粋

『白は力だ。』をコンセプトにした野球スパイクシューズ「WAVE LIGHTREVO(ウェーブライトレボ)」。
白色スパイクシューズと黒色スパイクシューズでは、太陽に当たった時の表面温度の差異が約-20℃も違ってきます。そのため「WAVE LIGHTREVO(ウェーブライトレボ)」なら快適さも違い長時間の運動も苦にならないため、それがパフォーマンスの差になる、ということが特長の一つに挙げられています。

真夏の直射太陽光同等の1sun(1000W/m2)や10万ルクスの光を照射でできる人工太陽照明灯集光タイプ(スーパースポット形)

真夏の直射太陽光は、「1SUN」と言われています。放射照度(放射強度)は、1000W/m2(1kW/m2)で、その時の照度は、約100,000Lx(10万ルクス)です。

「集光形人工太陽照明灯(スーパースポットタイプ)」ならこの光も照射することが可能です。

人工太陽照明灯スーパースポットタイプ「形式:XC-100EFSS、XC-500EFSS」なら、真夏の太陽光と同程度の放射照度1000W/m2(この場合の照度は約6万ルクス)、「形式:XC-100AFSS、XC-500AFSS」なら、照度10万ルクスを照射できるタイプなので、真夏の太陽光をいつでも室内に再現することが出来ます。

人工太陽照明灯SOLAX100W・500Wシリーズ

人工太陽照明灯の仕様・性能については下記ページをご覧ください。

安定した環境で製品や部材の温度上昇試験をしたい、とお考えでしたら、経験豊富な弊社へお気軽にお問合せ下さい。お客様のご要望に合った装置をご提案致します。

ミズノ様公式オンライン 野球スパイクシューズ「WAVE LIGHTREVO」WEBサイトはこちらから

・https://jpn.mizuno.com/baseball/products/wave-lightrevo

各製品ページはこちらから

・1sun(1000W/m2)や100000Lxを照射できる人工太陽照明灯集光タイプ(スーパースポット形)