なぜ人工太陽照明灯SOLAXがディスプレイの視認性評価に使われるのか?

 

人工太陽照明灯SOLAXが屋外でのディスプレイの見え方評価に採用される理由

スマートフォンやタブレットは、屋外でも頻繁に使用されます。晴天時の日中は太陽の光がとても強く、ディスプレイは見えにくくなります。スマートフォンやタブレットなどのディスプレイには反射防止膜でコーティングされており、太陽の光の反射が小さくなるように作られていますが、それでも直射太陽光下では画面は見にくいです。

屋外での見えにくさを解消するために、明るさに応じて画面輝度が自動調整されます。明るい環境では画面の輝度が高くなり、より見やすくなります(逆に暗い環境では輝度が低く調整されます)。そうすると、電気の消費量が増え、バッテリーの減りが早くなります。スマートフォンに求められる性能として“バッテリーが長持ちする”のは優先順位が高く、販売にも大きな影響があります。従って各メーカーは、直射太陽光下での画面輝度を繊細に行い、消費電力と画面輝度のバランスを検討します。

 

人工太陽照明灯なら、24時間365日太陽の光が差し込む日あたりの良い室内を再現できるから

 

デジタル画面はスマートフォンやタブレットPCだけではありません。自動販売機、券売機、ガソリンスタンド、スーパーマーケットのセルフレジ、レストランでのオンライン注文など、様々な場所でタッチパネル式画面が採用され、私たちはタッチパネルを頻繁に使っています。これらは屋外より屋内で使われることが多いのですが、日あたりのいい太陽の光が差し込む室内では、自然光で画面が見えにくくなることがあります。その時画面輝度は高く設定され、逆に夜や太陽の光の入らない屋内では低く設定されます。

それぞれの環境で画面輝度がどの程度だと見えやすいのか、画面に映し出されるのはメッセージなのか写真なのか、画面の背景の色など、多くの環境要因の中での見え方の評価を適正に行うためには、一定の光環境を整備する必要があります。特に設定が難しいのが太陽の光が当たっている環境を再現する事です。

 

多くのディスプレイメーカー様から高い評価を頂く人工太陽照明灯の3つの特徴

 

人工太陽照明灯SOLAXは、直射太陽光が当たった時のディスプレイの見え方の評価に大活躍しています。特に、スーパースポット形のXC-500AFSSは多くのディスプレイメーカー様に採用されています。

人工大尉用照明灯の特徴である、
①自然太陽光に極めて近い分光特性を有する
②経時的変化がほとんどない
③直流点灯なのでチラつきがない

という3つの長所がお客様に選ばれる理由です。

 
スマートフォン画質設計/評価用人工太陽照明灯
※人工太陽照明灯 SOLAX500Wシリーズ
 
 

以上、自然光下でのディスプレイの見え方を定量的に評価したい多くのお客様からXC-500AFSSは高い評価を頂いています。

自然太陽光と同じスペクトルを照射したいとお考えでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。


各製品ページはこちらから
1sun(1000W/m2)や100000Lxを照射できる人工太陽照明灯集光タイプ(スーパースポット形)


 
 
セリックへお気軽にお問合せ下さい