人工太陽照明灯SOLAXが、なぜ画質設計の基準光として採用されているのか?

 

SOLAX採用理由「カメラ性能検査①スマートフォン画質設計/評価」1

近年、スマートフォンのカメラの性能は著しく向上しています。
画像の美しさはもちろんのこと、笑顔を認識して自動的にシャッターを切る機能や暗い環境でも明るい画像が撮影できる、4kの映画並みの画質の動画が撮影できるなど、デジタルカメラと比べても遜色ない性能を備えています。

 

SOLAXは画像エンジンでより美しい色に変換するための基準作りに貢献しています

 

人工太陽照明灯SOLAXは、スマートフォンのカメラ機能の性能向上を陰で支える立役者です。
カメラ機能の開発エンジニアは、SOLAXで照明されたチャートやサンプルを撮影し、画像エンジンでより美しい色に変換するための基準作りをしています。
 

SOLAX採用理由「カメラ性能検査①スマートフォン画質設計/評価」2
 

 

画質設計でSOLAXが選ばれる理由、それは時間や場所を選ばずに正しい色を再現できるから

 

私たち人間は、物体を物体表面から発せられる光を目でとらえることで認識します。ディスプレイなどを除き、ほとんどの物体はそれ自体が光を放出しません。人はその物体に当たった光の反射を目でとらえて認識します。その物体がどんな色に見えるのかは、物体に当たる光と物体表面の分光反射特性により決まります。真っ赤な光が当たった物体は赤色にしか見えません。

その物体の正しい色というのは、「正しい光の下で見た色が正しい色」と定義することができます。正しい光というのは、国際照明委員会で自然太陽光をベースに定められています。

カメラの画質設計のための色彩の基準は、正しい光で照明されたチャート(色見本)を撮影した画像を数値化したデータ、ということになります。

ここで言う「正しい光」になり得るのが人工太陽照明灯です。そのため、スマートフォンメーカーの多くがSOLAXを使って基準作りを行っています。

また、基準作りに付随してユーザーは以下の目的でも人工太陽照明灯を使用しています。
①ライバル会社のスマートフォンのカメラの性能を自社製品のものと比較する。
②改良を加えたカメラの性能がどのくらい向上したのかを評価する、あるいは設計通
りに性能が向上したのかを確認する。
③画素数の多いデジタルカメラとの性能を正確に比較する。

 

人工太陽照明灯SOLAXはカメラ開発に欠かせない光源

 

このように人工太陽照明灯はカメラ開発に欠かせない光源ということができます。

スマートフォン画質設計/評価用人工太陽照明灯
※人工太陽照明灯 SOLAX500Wシリーズ
 
 

主にユーザー様に選ばれる機種はSOLAX XC-500AFです。これを複数台使用してチャートを照明します。
また下の写真のようにフレームに数灯のSOLAXを組みこんだスタジオ照明を使用しているユーザー様もいらっしゃいます。

人工太陽照明灯スタジオ照明

このような形にすることで色温度変換フィルタやディフューザを装着しやすくし、よりバリエーション豊かな光環境での評価・試験が可能になります。

以上より、このような用途で多くのスマートフォンメーカーが人工太陽照明灯SOLAXを採用しており、基準光としてご使用頂いております。

自然太陽光と同じ条件の基準光をお探しでしたら、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。


各製品ページはこちらから
人工太陽照明灯SOLAX-500Wシリーズ
SOLAX 500W 4灯式2基(スタジオ照明) 

 
 
セリックへお気軽にお問合せ下さい