人工太陽照明灯納入事例【千葉大学 星野勝義先生 空中窒素固定反応研究】

 
太陽先生が人工太陽照明灯をお使いのお客様を訪問し、どのように使われているのか、どのような効果があったのかを詳しく聞きます。

第9回目は、千葉大学 大学院工学研究院物質化学コース 星野勝義先生。

星野先生は空中窒素固定反応の研究に人工太陽照明灯XC-100BFSSを4台、お使い頂いております。

「簡単に言うと、空気から太陽の光を駆動力として食料のもとと燃料を作り出すという研究です。研究初期から使っていますが、非常に性能が良くデータも安定しているのでずっと使っております。」とのお言葉を頂きました。

星野先生は、その他にも静電気現象やエレクトロクロミックディスプレイの研究など、非常に興味深い研究を数多くされており、それぞれの研究内容や今後の展開についてもお話しいただきました。

ぜひご覧ください。

・「太陽先生が訪ねてみました。千葉大学 星野勝義先生 空中窒素固定反応の研究」ページはこちらから ⇒

 

セリックへお気軽にお問合せ下さい