国際画像機器展2018に出展しました。


■国際画像機器展2018 要項

期 間 2018年12月5日(水)~ 12月7日(金)
AM10:00~PM5:00
場 所 パシフィコ横浜
セリックブース番号 117

国際画像機器展2018 ホームページはこちらから ⇒

 


■パシフィコ横浜アネックスホールにて無料聴講セミナーを行います

 
講演名 「高演色性LEDの現状と課題」国際画像機器展2017セミナー
講演者 セリック 代表取締役 佐藤 郁夫

日時: 2018年12月5日(水) 10:00~10:50
場所: パシフィコ横浜 アネックスホール F202

昨今、演色性が大幅に改善された高演色性LEDが市場に出回るようになりました。国産・海外製両方様々なLEDがあり、選択に迷われる方もいらっしゃると思います。

現状の技術でどのようなことが実現できていて、どのようなことが実現できていないのか、特に光学特性の面について照明の専門メーカーとしての知見をお話し致します。

詳細・参加登録はこちらから⇒
昨年のセミナーの様子はこちらから⇒

 


<出展製品> カメラ・ディスプレイなどの画像機器評価用光源
 

solax100w%e7%b8%ae%e5%b0%8f画像処理用光源として 高い評価を得ている人工太陽照明灯を展示します。

セリックの人工太陽照明SOLAXは、自然太陽光に極めて近似した分光特性の光を出すので、室内の作業でも太陽のもとで見るのとまったく同じ色彩でモノを観察できます。

これまでにデジタルカメラ・センサ・画像機器の評価に非常に多く採用されてきました。

用途としては、真夏の太陽光と同等の照度(10万Lx)を再現したディスプレイの視認性評価や、逆光状態でのカメラの画像評価などにご活用いただいています。

また近年では、近赤外波長(850nm、940nm)に感度を持つ、車載向け赤外カメラの評価に対応した光源も開発いたしました。

この機会にぜひ、画像処理用光源として高い評価を得ている人工太陽照明灯をご覧ください。


 

その他、弊社製品カタログ等多数用意してお待ちしております。また、光源についてのご相談も賜ります。 お出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です