PV EXPO 2017 国際太陽電池展に出展しました。


■PV EXPO 2017 国際太陽電池展 要項

期 間 2017年3月1日(水)~ 3月3日(金)
AM10:00~PM6:00(最終日のみ17:00終了)
場 所 東京ビッグサイト
セリックブース番号 E45-17

PV EXPO 2017 国際太陽電池展 ホームページはこちらから ⇒

 


<出展製品1> ソーラシミュレータ

ソーラシミュレータ1s
セリックでは、お客様が欲しい太陽光を完全カスタマイズで製作します。

太陽電池評価試験のセル用ソーラシミュレータは、角50mmから角300mmまでの機種を御用意しています。すべての機種でJIS C 8912/8933の両方でAAA級を実現しています。 デジタル式タッチパネルなので、動作状況が画面に表示され、出力照度の設定などの操作が簡単です。

また、IV測定器も取り揃えておりますので、ソーラシミュレータ本体からIV測定器まで、導入のご相談からメンテナンスまで、安心して運用して頂くことが可能です。

モジュール用の大型ソーラシミュレータについては、仕様を協議した上で、特注品を製作します。

その他、ヘッドアップディスプレイ評価用・ADAS開発用の標準光源としても実績多数があります。

 


<出展製品2> 人工太陽照明灯 SOLAX 100W/500Wシリーズ

20170215-1人工太陽照明灯は、太陽光の持つ特性に極めて近い光(晴天時、正午±2時間に地表に到達する太陽光と同じスペクトル)を出す照明灯で、時間や場所を問わず「24時間365日の晴れ」を提供します。

紫外線及び赤外線のエネルギーは用途区分によりフィルタによって調整されますので、用途により紫外線・赤外線の有無や光線の拡散度合、強弱などの必要条件から仕様をお選びいただきます。

室内にいながら
・太陽光と同じ可視光線で正確な色彩を表現する(可視光近似タイプ)
・太陽光と同じエネルギーで屋外評価や屋外再現実験を行う(長帯域近似タイプ)
・太陽光と同じ紫外線でバイオニクス、医薬品研究を行う(紫外線近似タイプ)
といった様々な用途に対応可能です。

 

 


<出展製品3> LED人工太陽照明灯 SOLAX-iO

st-f400

持ち運びの性能を重視して開発された、色彩評価用LED人工太陽照明灯です。

特徴は、以下が挙げられます。
1)太陽光を忠実に再現した照明なので、場所や時間を選ばず色を正しく見ることが可能です。
2)一般的なLEDでは発生する色収差が起きないため、モノのもつ本来の色を見るが可能です。
3)経時変化を起こしません。
4)平均演色評価数はRa97以上と、LEDでは世界最高水準の高演色性を実現。
5)充電式コードレスタイプもあるので、今まで光が届きにくかった場所での色評価も可能です。

 

 

その他、弊社製品カタログ等多数用意してお待ちしております。また、光源についてのご相談も賜ります。 お出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です