みなさんこんにちは。

ここ最近はジメジメした湿気の多い日が続いていますが、
先週前半くらいまではとても過ごしやすい日が続きました。

こんな涼やかな日は東京からでも富士山がよく見えます。
もちろん高いビルの上方階からですが。
逆に言うと、ジメジメした日は富士山は霞んでしまいます。

 

fp02

 

 

この違い、もうお分かりですよね?

そう、湿気です。

湿気が多い、つまり大気中の水分量が多いと、光の透過特性が
低くなります。大気中の水蒸気が光をさえぎるため、遠ければ
遠いほど光が届きにくくなります。

他にも塵や埃などが光をさえぎるので、水蒸気だけの事ではあり
ませんが、湿度の低い日は少なくとも水蒸気は光をさえぎらない
ので、東京から約100㎞離れた富士山がよく見えるのです。

富士山を見るのとはちょっと違いますが、国立天文台の観測所が
南米チリの高地アタカマ砂漠にあります。ここは標高5000mで、
年間を通してほとんど雨が降らず、超乾燥地域で空気が澄んで
いることから、地球上最も天体観測に適した場所といえます。

星の光をさえぎる水蒸気、塵、埃が極めて少ないのが特徴です。