電機機器業界

 ●納入先

日立製作所、東芝、ソニー、日本電気、富士電機、三菱電機、富士通、日立マクセル、Samsung、パナソニック、パナソニック電工、カシオ計算機、日本ビクター、シャープ、京セラ、パイオニア、三洋電機、富士ゼロックス、小糸製作所、スタンレー電気、ヤマギワ、浜松ホトニクス、セイコーエプソン(敬称略)

●使用例

カラー印刷機の色彩再現性の評価、モニター・CRT・液晶画面などの評価に使われています。

デジタルカメラ、ビデオカメラ、CCDカメラなどの入力機器の評価用光源として使われています。

カラーチャートなどの被写体を照らす光源は、蛍光灯では正しい発色が得られず、カメラの善し悪しを判定することが出来ません。従って色彩の再現性が極めて自然太陽光に近い人工太陽照明灯を使用します。

この分野では、多くのメーカーがスタジオ照明に人工太陽照明灯を導入しています。

デジタルカメラ等の入力機器、モニター等の表示機器、カラープリンタ等の出力機器は、それぞれ再現できる色域が異なっています。この対策のためのカラーマッチングシステム(CMT)の評価に人工太陽照明灯が使われています。

画像処理用光源として使われています。

①色彩の再現性が極めて高いこと、②経年変化を起こさないこと、③直流点灯のためフリッカーが全く無いことが主な理由です。

太陽電池の評価用光源として使われています。

この場合は特殊仕様の御注文が多く、①パワーは直射太陽光と同等、②スペクトル分布が基準太陽光と極めて近似的であること、③照射ムラがなるべく小さいこと、等の御要望で特別注文の形で製作しています。

屋外で使用するセンサーの評価、自然光があたることで誤動作を起こすセンサーの確認試験及び耐光性試験等に使用します。

屋外で使用するカメラ(車載カメラなど)の、自然太陽光と同等の明るさにおける評価、ハイスピードカメラの評価など、高照度を必要とする場合の光源として使用されています。

液晶パネルの見え方、輝度の調整など、近年急速に普及している液晶パネル(LCD)の評価に人工太陽照明灯が使用されています。