自動車業界

●納入先

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ、三菱自動車、ヤマハ発動機、いすゞ自動車、富士重工業、ダイハツ工業、日産車体、関東自動車、日野自動車、ヤナセ、デンソー(敬称略)

●使用例

自動車メーカーでは、3年~5年先の自動車のデザイン・色彩を屋外と同一条件で検討するために人工太陽照明灯を使用しています。特にデザイン部門では、車数台を一度に見ることが出来るように部屋全体を人工太陽照明灯で照射できるように設置されています。

自動車メーカーの工場では、製造ライン上での塗装色の確認、キズ・ムラ・汚れの検査などに使われています。

自動車の車体色だけでなく、室内のシート、窓ガラス、計器パネルなど各関連メーカーが製品の検査・評価に人工太陽照明灯を使用しています。

整備工場では補修塗装のチェックに使われています。

メガウェブ、アムラックスなど自動車の展示場では、来場者に塗装サンプルを正確にご覧になって頂くため人工太陽照明灯を導入しています。

●エピソード

某自動車メーカーのデザイン部門では、あらゆる条件を再現するために人工太陽照明灯にリモコンを付け、様々な状況下での検討に役立てています。

 

 

●関連ページ

「自動運転やADASなどの技術を支えるLiDAR・センサ・カメラ評価用人工太陽照明装置」WEBページ

「自動車の窓から車内へ差し込む太陽光を再現!人工太陽照明灯」WEBページ

「自動車部品の色評価に最適な光源! 人工太陽照明灯」WEBページ