美術業界

●納入先

美術

東京国立近代美術館、東京国立博物館、京都国立近代美術館、金沢21世紀美術館、成川美術館、吉村絵美留様(岡本太郎氏の壁画「明日の神話」修復)ガレリア・プロバ、村越画廊、ギャラリーウエダ、NHK文化センター、創形美術学校、美術修復研究所、ウィルデンスタイン東京、版画工房(各地)、画家アトリエ(各地)、日本美術家連盟会員(敬称略)

他美術業界各社

●使用例

美術館では、美術品の照明のほか、古美術品の修復、古代壁画の色彩鑑定・分析などにも使用されています。画家の方が夜絵を描かれる時の照明、絵画教室でのモデルの照明など、絵画の製作の段階でも使用されます。

●こぼれ話

画家の方も昼間は営業活動が忙しく、日中は絵を描く時間があまりないそうです。従って製作活動は夜が多く、人工太陽照明灯が無いと感じた色を正しく出せないそうです。
 

 

●関連ページ

「アーカイブ・修復・展示に!文化財・美術品の色を正確に再現する人工太陽照明灯」WEBページ