国際画像機器展2017に出展しました。


■国際画像機器展2017 要項

期 間 2017年12月6日(水)~ 12月8日(金)
AM10:00~PM5:00
場 所 パシフィコ横浜
セリックブース番号 51

国際画像機器展2017 ホームページはこちらから ⇒

 


■パシフィコ横浜アネックスホールにて無料聴講セミナーを行います

講演名 「照明の経時変化について」2016国際画像機器展セミナー
講演者 セリック 代表取締役 佐藤 郁夫

日時: 2017年12月8日(金) 10:00~10:50
場所: パシフィコ横浜 アネックスホール F202

画像処理で色判定する場合、あるいはカメラの画質評価・設計において、照明の仕様はとても重要です。しかし当初のカタログスペックがどれだけ維持されているのか、疑問に思うことがあります。

今回数種類の光源の連続点灯による特性変化を測定しました。その結果をご紹介致します。カメラの評価に不可欠な照明の特性としてあまり周知されていない経時変化を、皆様に知って頂きたいと考えています。

詳細・参加登録はこちらから⇒
昨年のセミナーの様子はこちらから⇒

 


<出展製品> カメラ・ディスプレイなどの画像機器評価用光源

solax100w%e7%b8%ae%e5%b0%8f画像処理用光源として 高い評価を得ている人工太陽照明灯を展示します。

色彩の再現性が極めて自然太陽光に近い人工太陽照明灯(SOLAX)は、下記のように画像処理・画像機器の分野でも幅広い用途で活用されております。

(1)デジタルカメラ、ビデオカメラ、CCDカメラ等の入力機器の画質評価用光源として。
(2)カラー印刷機の色彩再現性の評価、モニター・CRT・液晶画面・(4K、8Kテレビ等)高精細画像モニターの評価用として。
(3)画面の見え方、輝度調整等、液晶パネル(LCD)や有機ELパネルの評価用として。
(4)紫外・可視・赤外まで実際の太陽光に近似したスペクトルを持ち、画像測定・解析処理の機器開発用光源として。

この機会にぜひ、画像処理用光源として高い評価を得ている人工太陽照明灯をご覧ください。


 

その他、弊社製品カタログ等多数用意してお待ちしております。また、光源についてのご相談も賜ります。 お出かけの際は、ぜひお立ち寄りください。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です