染・清流館で開催中の「現代工芸の数寄《2×3人展》」にて人工太陽照明灯が使用されています。

 

「現代工芸の数寄《2×3人展》」
 
 

京都で誕生した世界で初めての染色専門美術館、染・清流館にて開催されております「現代工芸の数寄《2×3人展》」での賀門利誓様の作品展示に、人工太陽照明灯をご利用いただいております。

太陽光によって色が変化するフォトクロミック素材を使った作品の屋内展示に、太陽光の代わりとして人工太陽照明灯 XC-500Bが使用されています。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

 

■現代工芸の数寄《2×3人展》■

会期   2017年5月19日(金)~6月18日(日)
     午前10時~午後6時(入館は午後5時迄)
場所   染・清流館
     京都市中京区室町通錦小路上ル京都芸術センター北隣
開館時間 10:00-18:00(入館は午後5時迄)
休館日  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料  大人300円、学生200円
URL  http://someseiryu.net/topic_page.html

※6月4日(日)14:00には出品作家によるギャラリートークも開催されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です